ネイルアートの形を知りましょう

最新ネイルデザインを動画が見れる。

ネイルの形を知っておくと、自分がどの様な爪にしたいのかをネイルサロンで選ぶ時、とても便利です。基本を知っているとネイリストができる人かどうかの判断にも生かせますよ。

<ラウンド>

ラウンドとは、ネイルのサイドが真っ直ぐで、先端が少し丸みをおびた形のことを言います。先端がそこまで細くないので、強度もあり丈夫です。爪の先端にエメリーボードを45度の角度であて、一方向にファイリングします。次にサイドから、先端に向けて緩やかに丸みがでるようにファイリングします。

<オパール>

オパールとは、ネイルの先端が卵のように丸みをおびた形の事を言います。誰にでも似合い、指先が一番美しく見えるとも言われています。上品ですが先端が細い分、強度が弱いので、こまめなお手入れが必要です。

<スクエアオフ>

スクエアオフとは、スクエアの角を落として丸みを出した物の事を言います。フォルムが綺麗で丈夫です。キレイに爪を長く伸ばしたい方にはお勧めの形です。

<スクエア>

スクエアとは、爪の先端が真っ直ぐで爪の両端が四角(スクエア)になっている形の事です。爪先が真っ直ぐなので爪に負担がかかりにくく丈夫なので、亀裂や割れてしまう危険もありません。

このページの上へ