NEWS22

ネットが遅い時にはスピードテストしよう



 

・スピードテストでインターネットの接続速度を確認しよう

今の時代、インターネットなしには生活できないという人が多くなっているのではないでしょうか。

パソコンやスマートフォンはもちろん、テレビやゲームでもインターネットを使っている人がいます。

そんな私たちの生活に欠かせなくなっているインターネットですが、接続速度を機にした事はありますか?

インターネットは回線によって接続速度が変わります。

ゆっくりとしかデータを転送できない回線もあれば、高速転送できる回線もあります。

ここではその速度を測定するためのスピードテストを紹介したいと思います。



 

・スピードテストってどういったもの?

インターネットの通信速度測定をするためにはスピードテストを行う必要があります。

スピードテストでは1秒間にどれくらいのデータを転送する事が出来るのかをチェックします。

その数字が大きければ大きいほど通信速度は速く、小さければ遅いという事になるわけですね。

ちなみに現在では1秒間に20Mb以上のデータを転送する事ができると快適に使える回線だと言われるようです。

逆に5Mb程度しか転送出来ないようだと、ちょっと遅いと思ってしまう人が多いようです。

・どういった回線が速いの?

現在使われている回線で最も早い通信速度が出るのは光ファイバーを用いた回線で、一般的に光回線と呼ばれています。

最大で1Gbpsの超高速データ通信が出来ると言われています。

しかし実際にそこまでの速度が出る事はまずありません。

せいぜい100Mbps程度ですが、これでも十分な速度なので、通信速度が気になる方は光回線を利用するのが一番です。

スマートフォンなどでは4G(LTE)が最も速い通信速度が出ます。

最大で150Mbpsという速度が出ると言われていますが、こちらも実際にはそこまでの速度は出ません。

ですがスマートフォン用のサイトを見るには十分すぎる速度なので、特に問題なく快適にインターネットを利用する事が出来ます。

ちなみにインターネットに接続する時は無線よりも有線の方が通信速度が速くなります。

なので通信速度が気になる方は無線ではなく有線LANなどを利用すると良いでしょう。



 

・おすすめのテストサイト

それではどのようにスピードテストをすればいいのでしょうか。

一番簡単なのはgoogleで「スピードテスト」と検索すると出てくるgoogleのスピードテストです。

「速度テストを実行」というボタンを押せばすぐに通信速度を知ることが出来ます。

他にもfast.comやUSENのサイトなどでも簡単に速度を計測する事が出来ます。

スマートフォンの場合だとOoklaが提供しているSpeedtest.netというアプリがおすすめです。

ダウンロードするとすぐに使うことが出来て、LTE、wifi問わず現在の通信速度を計測できます。

他にも多くの無料サイトや無料ソフトがあるので、正確な通信速度を知りたいという方は様々なものを試してみると良いかもしれません。

 

・通信速度は様々な要因によって変わる

いかがでしたでしょうか。回線速度診断はかなり簡単にすることができるので、現在の通信速度が気になった方は試してみてくださいね。

通信速度は同じ光回線だとしてもNTTを使っているのかniftyを使っているのかなどによっても変わる事があります。

なのでスピードテストの結果に満足できなかった場合は他の通信会社にしてみると通信速度が速くなる可能性もありますよ。