NEWS22

スポンサーリンク

便利になった公金支払い

スポンサーリンク



 

Yahoo!公金支払いとは?

国や地方団体が運用に使う公金の支払いは、「Yahoo!公金支払い」を利用すると便利です。

「Yahoo!公金支払い」とは、地方公共団体の税金や各種料金をYahoo!JAPANのウェブサイト上で支払いができるサービスのことです。

市役所や金融機関にわざわざ行かなくてもインターネットで支払いができて、ありがたいですね。

スポンサーリンク



 

自動車税の納付

自動車税は、毎年4月1日の時点で自動車を保有しているとかかってきます。

自動車税の納付書は4月下旬から5月上旬にかけて郵送で届きます。

自動車税の納付期限は毎年5月末です。

自動車税の税額は、自家用車で29500~110,000円です。

支払い方法は、自治体によって違いますが、おもに銀行などの金融機関窓口からの振り込み、口座振替、コンビニエンスストア払いがあります。

忙しい方は、ネットでの「Yahoo!公金支払い」が便利ですが、利用手数料が300円かかります。ちなみに、yahoo(ヤフー)の「Yahoo!公金支払い」で自動車税の納付が可能な自治体は31都道府県あります。

スポンサーリンク



 

楽天カードで公金支払い

Yahoo!JAPAN公金支払いをするときに、お得な方法があります。

楽天カードでクレジット決済する方法です。

年会費永年無料ですし、楽天のポイントも貯まります。

直接クレジットカードで支払うことはできないので、必ず「Yahoo!JAPAN公金支払い」を利用しましょう。

 

コンビニで公金支払いをするなら

ネットで支払いをするのに抵抗があったり、なかなか市役所などに行けないという方は、コンビニでの支払いもできます。

コンビニは24時間空いているので、好きな時間に支払いに行くことができます。

クレジットカードから、前払いチャージ制の電子マネー「nanaco(ナナコ)」にチャージすれば、ポイントも貯まり手数料もかかりません。

注意点としては、自動車税をnanacoで支払いしてもnanacoにはポイントはつきません。

nanacoにチャージするときに、ポイントがつくカードを使いましょう。

また、「nanaco」のチャージ額は最高5万円までなので、公金が上限を超える場合は複数回に分けて支払いましょう。

(複数のnanacoカード・nanacoモバイルアプリを含めて最大5つまで作ることも可能です!なので、実質最大25万円支払うことができます。)


 

ふるさと納税もyahooで支払い

ふるさと納税も「Yahoo!公金支払い」で支払うことができます。

手順としては、まずふるさと納税のページより寄付したい地方公共団体を選び、各自治体のページから寄付の申し出をします。

そしてYahoo!JAPANのサイト(Yahoo!公金支払い)にアクセスして、寄付をする地方公共団体を選び、記載されている必要書類を用意します。

その後、納付情報、支払い情報を入力し、支払うボタンを押せば、支払い手続き完了です。支払手続き完了画面を印刷して、記録として残しておくといいでしょう。

後日、地方公共団体から領収書、証明書などが郵送されます。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク