NEWS22

スポンサーリンク

お祝いのマナー

<

スポンサーリンク



 

お祝いの手紙

お祝いの手紙を書く場面は、たくさんあります。

結婚祝い、出産祝い、誕生祝い、入園・入学祝い、卒業・就職祝い、成人式、新築祝い、開店・開業祝い、退職祝い、昇進・栄転祝い、退院祝い、還暦(60歳)や古希(70歳)祝いなどの長寿祝いです。

どの手紙も大事なことは、時期を逃さないことです。

知らせを受けたらすぐに祝意を伝え、喜びを分かち合いましょう。

また、不吉な状況を連想させる「忌み言葉」(別れる、終わる、流れる、苦しむなど)は厳禁です。

忌み言葉は手紙の内容によってかわるので、手紙を書くときは注意してください。

また、美辞麗句やお世辞を並び立てた手紙は逆効果です。お祝いの言葉は自分の言葉で素直に書きましょう。

スポンサーリンク



 

お祝い金の相場

お祝い金は、お祝いの種類や付き合いの度合い、地域によって変わりますが、目安はあるので、それを基準に考えるといいですね。

「まかせて!ギフト&プレゼント」というサイトに、親・子ども・兄弟・おじおば・その他の親戚・友人や知人・仕事関係ごとにお祝いの金額の目安が載っているので、参考にするといいでしょう。

 

祝い鶴

鶴は昔から縁起がいいとされ、折り鶴は今もよく作られています。

そんな中でも、お正月や結婚式に好んで使われるのが、「祝い鶴」です。

羽の翼の部分のひらひらが華やかなのが好んで使われる理由です。

作り方もそんなに難しくないので、ぜひ作ってみてはいかがですか。

スポンサーリンク



 

お祝いの案内状

記念すべきお祝いの会や式典に、ぜひ出席してほしいと願って送る手紙、これにも書き方やマナーがあります。

まず、送る時期としては、会を開催する日の10~15日前には相手の手元に届くように発送するのがマナーです。

集まりが大規模なら、1か月以上前に送るのがよいでしょう。

書くときは、正確にわかりやすく書くことが大事です。挨拶文を書き、会の案内を書きます。

住所や連絡先、会場までの交通手段、移動方法などの細かい情報は最後に箇条書きします。

また、出欠の確認が必要な場合は、返信用はがき(または往復はがき)を同封し、返信期日も記載しておきましょう。

 

結婚式でのお祝いスピーチのコツ

大きく4つ、スピーチのコツがあります。

「時間は5分以内で短く簡潔にする」、「ゆっくりはっきりと話す」(緊張して早口にならないよう気を付けましょう)、「目線はまっすぐ正面を見る」(視線を下に落とすと暗い印象になってしまいます)、「お酒を飲みすぎない」です。あくまで主人公は新郎新婦ですので、あまり長く話しすぎないようにしましょう。

 

ご祝儀袋へのお金の包み方と書き方

結婚祝いや出産祝いなど、お祝いの気持ちを表すお祝い金を包む袋をご祝儀袋といいます。

包み方の代表的な例を3つ紹介します。1つめは「祝儀袋+中包み」、2つめは「祝儀袋+中袋」、3つめは「祝儀袋のみ」です。

お札の入れ方としては表を上にして入れます。お札の人物があるほうが表、人物がないほうが裏です。

金額の書き方は中袋の表側に「金参万円」と上に「金」という文字を書くのが通例です。しかし最近では30000円などのアラビア数字で書くケースも増えています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク