NEWS22

スポンサーリンク

ヨーグルトダイエット人気

スポンサーリンク



 

ガセリ菌の力でーグルトダイエット

「ガセリ菌」って聞いたことありますか?ガセリ菌は乳酸菌の一種で、胃酸に弱いといわれている乳酸菌の中で、死滅せずに腸まで生きて届く乳酸菌です。

日本人に相性がいい乳酸菌のひとつです。なので、ヨーグルトを選ぶとき、ガセリ菌が入っているものを選ぶといいですね。

スポンサーリンク



 

ヨーグルトダイエットのおすすめの食べ方

ヨーグルトダイエットの効果を高めるおすすめの食べ方を紹介します。

① ヨーグルトを使ってプチ断食する

②就寝前が効果的

③温めて食べる④毎日食べる

この4つが大事です。

しかし、毎日同じものを食べていては飽きてしまいますよね。

砂糖などを入れてしまってはダイエットの意味がなくなりますので、“ナッツ類”や“はちみつ”などのカロリーが低いものを選ぶといいでしょう。

ヨーグルトダイエットのレシピはいろいろあるので、いろいろ試してみてください。

スポンサーリンク



 

ヨーグルトにチアシードを入れてみよう

ヨーグルトにチアシードを入れて食べると、ダイエットの効果がなんと、倍増します。

なぜならこの二つの組み合わせは、満腹感を得られるので、余計なものを食べたくなる衝動を抑えることができます。

そして、食物繊維がどちらにも豊富に入っているので、腸の働きを活発にし、体重を落としてくれる効果もあります。

しかし、チアシード入りのヨーグルトの作り方には注意点があります。

チアシードを食べる際の注意点として、「生のまま食べてはいけない」という点が挙げられます。

生のまま食べると発芽毒があって体に悪い影響を与えてしまいます。

10~40度の常温の水に浸し戻しましょう。

(40度以上のお湯は無毒化できないうえに、栄養素も壊してしまいます!)

スポンサーリンク



 

玉ねぎヨーグルト

テレビでも紹介された「玉ねぎヨーグルト」。なぜダイエットにいいのでしょうか?

玉ねぎには、「イヌリン」という水溶性食物繊維が豊富で、ヨーグルトに入っている「ビフィズス菌」はイヌリンが大好物なので、イヌリンを食べて腸が活発になるそうです。

そして、脂肪の増加を防いだり、エネルギーの消費を高めたりしてくれるので、ダイエットにいいのです。

 

きなこヨーグルト

きな粉もヨーグルトと食べるとダイエット効果があります。

きな粉には、たんぱく質・脂質・ミネラル・ビタミンなどが豊富に含まれています。

栄養バランスがいいと、代謝が上がりやすくなるので、減量の効果が期待できます。

また、きな粉ヨーグルトは腹持ちもいいので、間食も減るでしょう。

ヨーグルトダイエットの断食でも注意点があります。

断食は2日のみで月1ペースで行ってください。

3日以上続けたり、月に何度も行ってしまうと、体調を崩し、ダイエットどころではなくなってしまいます。

 

飲むヨーグルトと固形のヨーグルトの違い

乳酸菌の量や効果に違いはありません。

手軽な「飲むヨーグルト」は忙しい朝食時に飲みがちですが、夕食後がおすすめです。

なぜなら、22時~2時の時間帯に町内で入さん気を働かせることでお通じをよくし、栄養の吸収率も上がるからです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク